TOP > 人物表現 > 歩く・歩き方 > 散歩

TOP > 風景表現 > 室内のようす > 庭・縁側・ベランダ


カテゴリ検索 単語の意味
(広い庭を)遊覧の人々は、三々五々小径こみちを設計の模様に従って歩き廻り、眺め廻っていた。僅かに得た人生の須臾しゅゆの間の安らかな時間を、ひたすら受けれようとして、日常の生活意識を杜絶とぜつした人々がみんな蝶にも見える。
岡本かの子 / 母子叙情 ページ位置:94% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
散歩 庭・縁側・ベランダ
しおりに登録する
遊覧(ゆうらん)・・・あちこち見物して回ること。
(ちょう)・・・1.鱗翅目(りんしもく[=ガやチョウなど])の昆虫でガ以外のものを総称。四枚の大きな羽を羽ばたかせひらひらと昼間に飛ぶ。止まった時の羽を直立して閉じる、口先がらせん状になっているなどガと区別する。ただし、生物学的には明確な違いはない。主に昼間活動する。ひらひらと飛ぶ様子は死者の魂に結び付けられることもある。古名で「かわひらこ」という。
2.紋所の名。1の蝶をかたどったもの。
須臾(しゅゆ)・・・1.わずかな時間。ほんの短い間。「須」も「臾」も「きわめて短い時間」を意味する字。「須臾」は訓読みで「しばらく」とも読める。
2.数の単位のひとつ。逡巡(しゅんじゅん)の10分の1。瞬息(しゅんそく)の10倍。
暫く・姑く・須臾(しばらく)・・・1.長いと感じるほどではないが、すぐともいえないほどの時間。ちょっとの間。一時的。
2.ちょっと待った!
......渦紋のようにも見えた。傾斜の末に、青木に囲まれて瀟洒しょうしゃなイエナ橋が可愛かわいらしく架っている。ここから正面に見るエッフェル塔はあまりに大きい。  暮れるのを惜しむように、遊覧の人々は、三々五々小径こみちを設計の模様に従って歩き廻り、眺め廻っていた。僅かに得た人生の須臾しゅゆの間の安らかな時間を、ひたすら受けれようとして、日常の生活意識を杜絶とぜつした人々がみんな蝶にも見える。子供にも見える。そして事実子供も随分多い。西洋の子供からあんまり泣き声が聞えない。  かの女は花壇の縁に腰を下ろして、いつまでもいつまでもぼんやりしている。後から......
散歩の表現・描写・類語(歩く・歩き方のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
庭・縁側・ベランダの表現・描写・類語(室内のようすのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「室内のようす」カテゴリからランダム5
「歩く・歩き方」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
室内のようす の表現の一覧 
歩く・歩き方 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分