頷く・相槌を打つの表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 人物表現 > 喉・首・うなじ > 頷く・相槌を打つ

日本語表現インフォ > 人物表現 > 動作・仕草・クセ > 頷く・相槌を打つ


カテゴリ検索 単語の意味
頷く・相槌を打つの表現・描写・類語
薄暗闇でもはっきり見えるくらい大きく頷く
高樹 のぶ子 / その細き道 (文春文庫 amazon
餅を飲み込むように大きく頷く
獅子 文六 / てんやわんや amazon
魂を抜かれたようにただコクコクと何度も頷く
鷺沢 萠 / 大統領のクリスマス・ツリー amazon
猫のようにこくりと頷く
高樹 のぶ子 / 光抱く友よ amazon
彼女は斜めに首を振った。首をかしげているのか頷いているのか微妙なところだった。
三上 延 / ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち amazon
餅を呑み込むように大きく頷いた。
獅子 文六 / てんやわんや amazon
首を倒すようにしてうなずいた
あさの あつこ「ガールズ・ブルー (文春文庫)」に収録 amazon
ああとかうむとか、言葉にならない不鮮明な呟きをもらした
あさの あつこ「ガールズ・ブルー〈2〉 (文春文庫)」に収録 amazon
薄いビール・グラスの縁に唇をつけたまま黙って肯いた。
村上春樹「風の歌を聴け (講談社文庫)」に収録 amazon
「なるほど」二秒ほど置いてから僕は相槌を打った。
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
感心したようにうなずき
小川 洋子 / 夕暮れの給食室と雨のプール「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
物分かり良く、うなずいた。
伊坂 幸太郎「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」に収録 amazon
精一杯の強さで私は頷き
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
頷くほどの小さな礼
綿矢 りさ / 亜美ちゃんは美人「かわいそうだね? (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ頭を下げる・お辞儀する
顎の先を何ミリか動かして短かく肯いた。
村上 春樹「羊をめぐる冒険」に収録 amazon
感情が翻訳できないうなずき方
吉本 ばなな / 満月 キッチン2「キッチン (角川文庫)」に収録 amazon関連カテ感情のはっきりしない、複雑な表情
それは分っています、と独り合点にうなずいた。
松本 清張 / 真贋の森「松本清張ジャンル別作品集(3) 美術ミステリ (双葉文庫)」に収録 amazon
はあ、ひひひ、ふうん、へーえ、ほお……と、とりあえず相槌でハ行を制覇してみた
朝井 リョウ / 燃えるスカートのあの子「もういちど生まれる (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
前髪についたほこりを落とすように小さくうなずいて、
朝井 リョウ / もういちど生まれる「もういちど生まれる (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
彼が熱心に話しているあいだ、僕は適当に肯きながらずっと女のことを考えていた。
村上春樹 / ファミリー・アフェア「パン屋再襲撃 (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ興味がない・無関心空返事
僕は彼女の声と同じくらい小さく肯いた。
村上春樹 / ねじまき鳥と火曜日の女たち「パン屋再襲撃 (文春文庫)」に収録 amazon
何となくうなずいた。
吉本 ばなな「アムリタ〈上〉 (新潮文庫)」に収録 amazon
ゆっくりうなずいた。嬉しそうに、心をこめたうなずきかたで。
吉本 ばなな「アムリタ〈上〉 (新潮文庫)」に収録 amazon
気のないふうにうなずいた。
吉本 ばなな「アムリタ〈上〉 (新潮文庫)」に収録 amazon
「ああ、わかる。」  本当にぴったりきたので私はうなずいた。
吉本 ばなな「アムリタ〈上〉 (新潮文庫)」に収録 amazon
力強くうなずいた。
吉本 ばなな「アムリタ〈上〉 (新潮文庫)」に収録 amazon
類似・関連の強い・参考になる表現
話を合わせる・相手に合わせる賛成・同意・承知
同じカテゴリの表現一覧
喉・首・うなじ の表現の一覧 
動作・仕草・クセ の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分