密度・集団の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感覚の比喩 > 密度・集団の比喩表現

密度・集団の比喩を使った文章の一覧(85件)
溶けたチョコレートみたいにしっくりと混じりあって、ひとつのイメージとして分離不可能になっていて
村上春樹 / 今は亡き王女のための「回転木馬のデッド・ヒート」に収録 amazon
穴ごもりの樹を逸した蟻のような人々の群れ
阿久 悠 / 瀬戸内少年野球団 (〔正〕) (文春文庫 amazon
蟻の甘きにつくごとく押し寄せる
里見 トン / 極楽とんぼ amazon
のように立ち重なる宵の人出
岡本 かの子 / 巴里祭 (1946年) amazon
巣箱に群がる蜂のように大勢の人間が行き交う
ロナルド・マンソン / ファン・メイル (上) amazon
放浪人が落ち葉のように吹き寄せられる
林 芙美子 / 林芙美子文庫〈〔第9〕〉松葉牡丹 amazon
体が御輿(みこし)のように揉まれる
獅子 文六 / てんやわんや amazon
満員の浴場のような混雑
田辺 聖子 / 返事はあした amazon
ペンギンの集団を思い出す
伊坂 幸太郎 / マリアビートル amazon
雪崩れ込んだ避難民が(略)煙脂煙管(やにぎせる)のごとく、ぎっちり詰って動けなくなった。
里見 トン / 美事な醜聞「初舞台・彼岸花 里見トン作品選 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
のような一群
林 芙美子 / 耳輪のついた馬「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
のように風琴のそばに群れて
林 芙美子 / 風琴と魚の町「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
鈴なりに混んだ電車
嘉村 礒多 / 業苦 amazon
僕は体じゅうの傷を二人に見せた。傷のカタログのようなもんだ。
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
製氷機の出口のように人がざくざくとあふれてくる化粧品売り場
川上 未映子 / あなたたちの恋愛は瀕死「乳と卵(らん) (文春文庫)」に収録 amazon
わっとやってきて、わっと去っていく。イナゴの大群のようなものか
伊坂 幸太郎「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感覚を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分