音(声)を聞く、聞こえるの表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 感覚表現 > 音の響き > 音(声)を聞く、聞こえる


カテゴリ検索 単語の意味
音(声)を聞く、聞こえるの表現・描写・類語
声がかすかな風のように胸に流れ込んでくる
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
勝恵の答えは、いつも水の流れのように淡々と鈴木の耳にひびいた
永井龍男 / 青電車「朝霧・青電車その他 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
大声が食堂の壁に反響して四方から耳を叩いた。
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
内グラウンドにいる伊吹の声が、一瞬、耳たぶを引っ掻いた気がした。
村田 沙耶香「しろいろの街の、その骨の体温の」に収録 amazon
声は、私の鼓膜をつんつんと突いてきた。
朝井 リョウ / 破りたかったもののすべて「もういちど生まれる (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
あと 26 個の表現が登録されています
ログインして全部見る
同じカテゴリの表現一覧
音の響き の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分