TOP > 感覚表現 > 時間・スピード > 季節の変わり目、移り変わり

TOP > 風景表現 > 地上・陸地 >

TOP > 風景表現 > > 紅葉

TOP > 風景表現 > >


カテゴリ検索 単語の意味
峡谷たにあいの山村に、春が過ぎ夏が過ぎ、山そのものが色絵錦いろえにしき陶器すえもののような秋になった。
吉川英治 / 増長天王 ページ位置:60% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
季節の変わり目、移り変わり 紅葉
しおりに登録する
前後の文章を含んだ引用
......」 「勝手にさらせ」 「オオ久米一、手を切ッたぞ!」  眼に燐火りんかを燃えたたせて、真ッさおに怒った窯焚かまたきの百助、捨てぜりふを残してまッしぐらにけだして行った。  峡谷たにあいの山村に、春が過ぎ夏が過ぎ、山そのものが色絵錦いろえにしき陶器すえもののような秋になった。  近ごろ陶工とうこう久米一くめいちの生活は、がらりと打って変ってしまった。  何人なんぴとのぞかせぬ、細工場さいくば陶戸すえどを閉めきって、一生一品の製作に精進しょうじんしているのだ。  彼が、これを最後として......
単語の意味
色絵(いろえ)
錦(にしき)
色絵・・・1.色を塗った絵。⇔墨絵。
2.陶磁器に絵を書いて仕上げること。また、その絵や手法。
・・・模様や色がきれいなもの。いろいろな色糸を使い、色彩鮮やかな模様を織り出した織物の総称。
ここに意味を表示
季節の変わり目、移り変わりの表現・描写・類語(時間・スピードのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
山の表現・描写・類語(地上・陸地のカテゴリ)の一覧 ランダム5
父の額らしい山襞
堀 辰雄 / 風立ちぬ amazon
このカテゴリを全部見る
紅葉の表現・描写・類語(秋のカテゴリ)の一覧 ランダム5
一面の朱を注いだような邸の秋が、僕を包みこんだ。
浅田次郎 / 悪魔「鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)」に収録 amazon
このカテゴリを全部見る
秋の表現・描写・類語(秋のカテゴリ)の一覧 ランダム5
足もとの芝は春までの束の間の死への予感に充ちていた。
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon関連カテ草原・芝生
このカテゴリを全部見る
「地上・陸地」カテゴリからランダム5
生まれてから目にしたことのない、圧倒される景色だった。
吉本 ばなな「アムリタ〈上〉 (新潮文庫)」に収録 amazon
足もとの芝は春までの束の間の死への予感に充ちていた。
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon関連カテ草原・芝生
「秋」カテゴリからランダム5
「時間・スピード」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
地上・陸地 の表現の一覧 
秋 の表現の一覧 
時間・スピード の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分