恥ずかしいの比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感情の比喩 > 恥ずかしいの比喩表現

恥ずかしいの比喩を使った文章の一覧(93件)
青い顔で、罪人のようにうなだれる
源氏 鶏太 / 家庭の事情 (1963年) amazon
少年のような伸びやかなはにかみ
落合 恵子 / センチメンタル・シティ amazon
少女がうなだれて、鶏のようにびくびくする
大江 健三郎 / 芽むしり仔撃ち amazon
萎れた花のように首を垂れる
大仏 次郎 / 冬の紳士 amazon
強い恥と自責の念が彼の足を釘づけにした。
野上 弥生子 / 茶料理「野上弥生子短篇集 (岩波文庫)」に収録 amazon
罪人のように深く頭を垂れながら
加能 作次郎 / 世の中へ amazon
恥辱感の泥を頭から尻まで鉛のようにつめこまれたような気がしていたのだ。
大江 健三郎 / セヴンティーン「性的人間 (新潮文庫)」に収録 amazon
顔は猿のように赤かった
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感情を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分