TOP > 感覚表現 > 音の響き > 汽笛

TOP > 風景表現 > 雨・霧 > 霧・かすみ・もや

TOP > 風景表現 > 天災・荒れた天気 > 嵐・台風・暴風雨


カテゴリ検索 単語の意味
嵐の時もそうだが、霧が深くなると、川崎船を呼ぶために、本船では絶え間なしに汽笛を鳴らした。
小林多喜二 / 蟹工船 ページ位置:81% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
汽笛 霧・かすみ・もや 嵐・台風・暴風雨
しおりに登録する
汽笛(きてき)・・・機関車や蒸気船などの、蒸気を吹き込んで音を出す笛。
......に、彼奴あいつ等からはモットひどいめに合わされてるから、これで当り前だべよ!」  漁夫達は、飛んでもないものだ、と云いながら、その「赤化運動」に好奇心を持ち出していた。  嵐の時もそうだが、霧が深くなると、川崎船を呼ぶために、本船では絶え間なしに汽笛を鳴らした。はば広い、牛の啼声なきごえのような汽笛が、水のように濃くこめた霧の中を一時間も二時間もなった。――然しそれでも、うまく帰って来れない川崎船があった。ところが、そんな時、仕......
汽笛の表現・描写・類語(音の響きのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
霧・かすみ・もやの表現・描写・類語(雨・霧のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
嵐・台風・暴風雨の表現・描写・類語(天災・荒れた天気のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「雨・霧」カテゴリからランダム5
「音の響き」カテゴリからランダム5
「乗り物」カテゴリからランダム5
「天災・荒れた天気」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
雨・霧 の表現の一覧 
音の響き の表現の一覧 
乗り物 の表現の一覧 
天災・荒れた天気 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分