心が乱れるの比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感情の比喩 > 心が乱れるの比喩表現

心が乱れるの比喩を使った文章の一覧(96件)
心のいらだちが魔女鍋みたいにぐつぐつ煮えかえる
開高 健 / 地球はグラスのふちを回る amazon
細かい霧のように、かすかな焦燥が漂う
柴田 翔 / されどわれらが日々― amazon
夢の中で空足を踏むような焦り
古井 由吉 / 水「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録 amazon
平らな水のおもてにいきなり石を投げ入れられたように、心は波立ち騒いで落ちつかなくなった。
吉屋 信子 / 妻も恋す「女の暦・妻も恋す (1951年) (傑作長編小説全集〈第6〉)」に収録 amazon
これを飲めば、女は鎖が解けたみたいに乱れるさ。
伊坂 幸太郎 / オーデュボンの祈り amazon
正気は蒸気のように飛びはじめている。
伊坂 幸太郎 / ラッシュライフ amazon
内面に吹き荒れたであろう葛藤の嵐
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
その深層心理の詰め将棋の棋士役がボクたちである。
水道橋博士「藝人春秋 (文春文庫)」に収録 amazon
炭火のようにいらだって
倉橋由美子 / 蠍たち
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感情を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分