TOP > 感覚表現 > 光と影 > 光に照らされた顔や姿

TOP > 風景表現 > 室内のようす > 三和土(たたき)・土間(どま)


カテゴリ検索 単語の意味
三和土たたき に置かれた 行灯あんどん が男の顔を十分に照らし上げていたが、度の強い眼鏡がまっしろに光を はらんでしまい、表情はわからなかった。
浅田次郎 / 悪魔「鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)」に収録 ページ位置:7% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
光に照らされた顔や姿 三和土(たたき)・土間(どま)
しおりに登録する
前後の文章を含んだ引用
......気付いたという感じではなかった。まるであらかじめ僕が女中部屋に潜んでいたことを知っていたかのように、僕の顔をじっと見た。そして薄い唇の片方を吊り上げて嗤った。 三和土に置かれた行灯が男の顔を十分に照らし上げていたが、度の強い眼鏡がまっしろに光を孕んでしまい、表情はわからなかった。「医学部、でらっしゃいますか」 衝立の蔭で、母の声が言った。「はい。三年です」「ご出身は、奉天?……ああ、満洲からの引揚でらっしゃいますね。お家は軍人でらっしゃ......
単語の意味
行灯(あんどん)
孕む・妊む(はらむ)
行灯・・・四角い箱型の木枠に紙を貼り、中に油受けを置いて火をともす照明器具。
孕む・妊む・・・1.妊娠する。胎内に子供ができる。
2.その中に何かを含み持つ。
3.植物の穂が出ようとして膨らむ。
ここに意味を表示
光に照らされた顔や姿の表現・描写・類語(光と影のカテゴリ)の一覧 ランダム5
頬に睫毛の影を落とした暗い瞳
沼田 まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
このカテゴリを全部見る
三和土(たたき)・土間(どま)の表現・描写・類語(室内のようすのカテゴリ)の一覧 ランダム5
酒屋の裏口の薬局みたいな上りばな
林芙美子 / 新版 放浪記
このカテゴリを全部見る
「光と影」カテゴリからランダム5
「体つき・体型・体全体の様子」カテゴリからランダム5
その胸は、滑らかで暖かいベッドのように、目の前にあった。
小川洋子 / 完璧な病室「完璧な病室 (中公文庫)」に収録 amazon
「室内のようす」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
光と影 の表現の一覧 
体つき・体型・体全体の様子 の表現の一覧 
室内のようす の表現の一覧 
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分